<<やりすぎ都市伝説動画まとめ>>
最近の記事

ジョンタイターの予言

謎のタイムトラベラー ジョンタイターは2000年11月2日から2001年3月までの間にアメリカの電子掲示板にて近い将来に起こる出来事を予言した。

これが後に的中しその掲示板は再び注目されるようになった。

ジョンタイターによると、未来は「タイムライン」というものによりそれぞれ異なりタイターの住む未来と、現代のこの世界の延長線上にある未来は必ずしも一致しないという。

「予言」には、それをすると未来に大きな影響を与えすぎる場合が主に3つあり、タイターはこれらに影響を与える予言は行わないとの事。

1.確率による死を免れ得る予言。(例:自然災害や核爆発の具体的日時など。)
2.金銭的な利益が目的の予言。(例:株価予想やスポーツ競技の結果など。)
3.予言により現代において特定の人物の人生や人命に影響が出る場合。
(例:未来の歴史上において、重大な出来事の直接的原因となる人物の実名など。)

それではジョンタイターが予言した内容を実現したものから見てみよう。

【既に実現した予言】
●イラクが核兵器を隠しているという理由で第2次湾岸戦争が起きる。
●アメリカ国内にも狂牛病が発生する。
●中国人が宇宙に進出する。
●新しいローマ法王が誕生する。
●アメリカの内政悪化(イラク戦争やハリケーン被災者救援対策の遅れから、アメリカ内政悪化)

これらはすべて誰もが知る現実に起こったことでタイターは2000年に予言していたのには度肝を抜かれた・・・
この他にもタイムマシーン完成の流れとして、その基礎的研究が1年後の2001年にCERN(「ヨーロッパ原子核共同研究機関」の略称で、スイスのジュネーブにある世界最大の素粒子物理学研究所)で始まり、2034年に第一号機が完成すると語っている。

その第一歩となるのが、CERNの、巨大な粒子加速器によって創られる電子サイズのミクロ特異点であるという。ミクロ特異点とは「ミニ・ブラックホール」のことで、これは、タイムマシーンの推進原理と言われているものである。

世間一般には知られていないが、驚くべきことにこのCERNという機関が2001年の秋に記者会見を行い、実験室内でミニブラックホールを創成する可能性を検討中であることを発表し、後に実験を成功させていることである。
▼CERNの大型ハドロン衝突型加速器(略称LHC)
2c295dc3.jpg

ただ、タイターが予言したことがすべて現実になっているわけではなく外れているものもあるため熱い議論が交わされている。

【実現していない予言(まだ実現するかわからない予言)】
2006年 アメリカ国内で暴動勃発
2007年 中華人民共和国 内陸部で暴動勃発。軍が治安出動。(この治安出動をきっかけに中国軍の暴走が始まる。)
2008年 北京オリンピック中止/ 平成関東大震災(世界恐慌のはじまり)/アメリカ全土内戦状態
2009年 中国の台湾・北朝鮮・韓国・日本侵攻/アメリカ合衆国初の女性大統領
2010年 中国の台湾・北朝鮮・韓国・日本併合化
2011年 アメリカ合衆国政府解体
2012年 アメリカ連邦帝国樹立/「ネメシス」星が太陽系を通過/暗黒の3日間/世界の人口が現在半分に/人類覚醒の時。
2015年 第三次世界大戦勃発(ロシアがアメリカ連邦帝国・ヨーロッパ連合・中国に対して核戦争を仕掛ける。)
2017年 30億人の死者を出した末に、ロシアの勝利に終わる。
2020年 ロシアの援助により新合衆国政府が打ち立てられる。/地球上の国の殆どが、社会主義国家になる。
2034年 タイムマシンが実用化する。
2040年 オリンピックの復活

ここで注目したいのが・・・
【平成関東大震災】
確かに2008年には何も起きなかったが今年2011年3月11日東北地方から関東に大地震が発生し日本だけでなく世界経済にも大打撃を与えたのは事実。
ニュース-東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)-
【アメリカ全土内戦状態】
現在アメリカは内政状態が非常に不安定でいくつもの州が連邦政府から独立を求める声が高まっている。
ニュース-米国で州の独立を求める声高まる-
【アメリカ合衆国初の女性大統領】
アメリカの次期大統領はヒラリー・ローダム・クリントンという噂が有力?!
このヒラリーはかなりの自信家でブッシュに負けず劣らずの戦争屋で有名。
もしもヒラリーが本当に大統領になるようなことがあればこのあとに控える第三次世界大戦は実現する可能性も・・・
【中国の台湾・北朝鮮・韓国・日本侵攻】
中国は年々軍事費を大幅に増やしており現在では世界第2位にまでなっている。
さらに仮想敵国を想定しまだまだ拡大が必要とまで言っていることを考えるとあながちこの予言も実現しないとは言えないかもしれない・・・
ニュース-中国の軍事費、仮想敵国の強大さ思えば更なる増額が必要-

と、まあタイターが言うように「タイムライン」が異なり、未来は必ずしも一致しない。つまりは「パラレルワールド」といういくつもの世界が存在し多少の誤差が生じている可能性があるわけですがこれまでの世界情勢なども考えるとあながちすべてが与太話とは言えないかもしれません。
しかもこのタイターと同じような予言をしていた人物が他にもいたのです。

それがスイスのビリー・マイヤーという人物。

地球外生命体と接触し未来の映像を見せられたという普通の人が聞いたらかなりのお電波さん(笑)
ですがこのブログは都市伝説ブログなので夢のある話(?)として後日紹介したいと思います。

またこういった予言や陰謀論などの都市伝説は世界情勢や歴史と深い繋がりがありそれらを紐解いていけば真実に近づけるのです。
このブログではそういった歴史的背景もあわせて紹介してきたいとおもいます。

「ジョンタイターの両親現る!?」に続く・・・

人気ブログランキングへ←ポチっと応援お願いします
面白い伝説ランキング

▼ジョンタイター関連書籍
未来人ジョン・タイターの大予言
未来人ジョン・タイターの大予言―2036年からのタイムトラベラー (MAXムック)
21世紀の大予言―ジョン・タイターvsジュセリーノ2大予言者対決!
21世紀の大予言―ジョン・タイターvsジュセリーノ2大予言者対決!
▼ジョンタイターをモデルにしたアニメ
STEINS;GATE(シュタインズゲート)
無料アニメを視聴はコチラ
posted by 噂の張本人 at 22:17 | Comment(50) | TrackBack(0) | タイムトラベラー・ジョンタイター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。